ダメな男に惹かれる理由がわかった気がする

恋愛

これはファーストフード店でレジをしていた私がオレンジ色のダウンを召した野性爆弾くっきー似の男の対応をした時の話である。

とある飲食店にて

私「いらっしゃいませ~!店内でお召し上がりですか?^^」

オレンジ色のダウンを召した野性爆弾くっきー似の男「ここで食べる。」

私「ご注文をお伺いします。(トーンダウン)」(タメ語の奴やん(ーー))

くっきー「ハンバーガー、ポテトS、あとオレンジジュース」

ーーーーーーここで奥さんらしき人が登場、注文を終えた男立ち去る。ーーーーーーー

奥さんはくっきー似の男とは全然につかない感じの静かで綺麗な人だった。奥さんが注文をしているとまたあの男がレジに戻ってきて

私(戻ってきやがった)

くっきー(奥さんに向かって)「まだ注文終わってないんか。はよせーや」

奥さん「・・・」

ーーーーーー奥さんは男に対して何も言わない。若干空気が凍りつつあるレジーーーーーー

私「お会計1655円です」

支払いは奥さんかな?と思って見ていたら奥さんが千円札を2枚出したところで、男も財布をゴソゴソしだして千円札1枚を奥さんに跳ね返して

くっきー「あとは俺が払うねん。仕舞え」

奥さん「・・・」

私(あと655円やん…)

奢った気でいるのか小銭消費したかったのか真相はわからないが、くっきーが小銭655円を出して会計終了。

私「お席まで(商品)お持ちしますので、お掛けになってお待ちください(やっと終わった…)」

くっきー「灰皿どこ?」

私「禁煙席入ったところにあります」

ーーーーー最後の最後でジャブかましてきやがった。もう完全にDQNやん商品持っていきたくないしなんであんな奴と奥さん一緒になったのか疑問でしかないと思いながら商品を席まで運ぶ。------

私「お待たせいたしましたー」

くっきー「おう、ありがとうな!」

私(!!ちゃんとお礼言うやん!!)

キッチンに戻ったらバイト仲間に愚痴ってやろうと思っていたらこの対応に驚いた。その後二人の食事シーンについては確認していないが、くっきーと奥さんが店を出るとき

くっきー「ごちそうさん」

と言って、[トレーはスタッフが片付けます。テーブルに置いたままで結構です。]と張り紙をしているのにも関わらずトレーを運んできてくれたのだ。

こうして入店時のイメージから一転し、くっきー似の男は印象を爆上げして帰っていった。

なぜこの男の印象は爆上がりしたのか

丁寧に話してくれるお客さんがほとんど、お礼を言って下さる方、トレーを片付けて下さる方も普通にいる。

恋人(妻)である自分はおろか、第3者に対しても横暴な態度、小銭だけは自分が払うという意地。どう考えても確定で”やめておいた方がいい男”だ。しかし私の印象は”そんなに悪くないかも”になってしまった。

理屈では絶対選んではいけない選択のはずなのにOK枠に入りかけているこの理由こそが、世の女性が悪い男にまんまと引っかかってしまう謎のトリックであると確信した。以下に考えられる心理的要因をいくつか挙げてみる。

ツンデレ?ギャップ萌え?

普段冷たい態度の人が優しい一面を見せるとそのギャップが癖になって?惹かれる場合があります。本心を隠すためのツンなのか、ただの気分屋かで状況は変わってきます。気持ちに波がある人との付き合いは自分が振り回されてしんどいですが…

不良が学校来ただけで褒められるやつ

素行の悪いヤンキーや不良が学校に授業受けに来たりちょっと高齢者に席を譲ったりしただけで、普通の人が同じことをした時と比べて過大評価を受けます。普段がマイナスな分、高感度の上昇率が高いんです。「たまにはやるやん」みたいな。でもよく考えたら普通の行動だし、普段悪いことをしていない普通の人の方は「レギュラーでやっていること」なのです。

この人は根は悪くない。少し天然なだけ。

「平気でひどいことを言うし、何度も傷つけられた。けど根は良い人なの。人への接し方がわからないだけ。」

いや、普通の人平気でひどいこと言わないし、(実際私は彼氏に傷つけられた事ないし)人への接し方がわからないって問題ありですからね。けど母性的なの働いてこういう人に献身的になってしまう女性多いです。自分の選択が間違っていることを否定したいからなのかもしれない。

この人の良いところは私しか知らない/わかってあげられない

「こうして彼に傷つけられることもあるけど、彼にも良いところはある。他の人は気付いていないだけで。この人の良さは私しか分かってあげられない。」

彼と親密な関係である私しか知らない彼の良いところに希望を持って付き合いを続けるパターン。”私しか知らない“っていうのに弱いですよね。ただ、良い男性は誰が見ても良いはずで、自分しか見つけられないくらい良いところが少ない彼は”良い男性“と言えるのか。これも謎の母性が働くパターン。

最後に

理屈では絶対ダメ男って分かっているのに、今回のくっきー似の男に対して本当は良いやつなのではないかと思ってしまった自分自身に驚いています。分かってても引っかかってしまうダメ男ってめっちゃ怖くないですか。

いい時もあれば悪い時もある。ダメ男と付き合うと普通の優しい人と付き合うより泣かされる回数、悲しませられる回数はかなり多いと思う。

要は波が激しい恋愛になると考えられる。でも離れられない存在なのだと思うけれど。他人が言っても、理屈ではどうにもできないのが恋愛だが(某皇族の方でさえ2年間揉めてる)、波のあるダメ男よりもっと幸せにしてくれる人が普通に存在することを忘れないでほしい。(謎の締めくくり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました