【本当のリア充はインスタに投稿しない】SNSに疲れたら試してほしいイライラ改善法

雑記

個人的にイライラするインスタのストーリーは「かんぱーい」って言いながら映っている人もスマホで撮影している動画です。どうも明治エラです。

Instagram_______身近な友達はもちろん、好きな芸能人の投稿やストーリーはついついチェックしてしまいます。

でもあれ、自分自身が上手くいってない時、しんどい時に見るとめっちゃイライラするんですよね。楽しそうな人見て嫉妬してしまうのかな。SNS疲れってやつ。

まあそれなら初めからアプリ開いて見なけりゃいいんですけどね。それでも見てしまうのが人間の性なので、今回は快適にインスタを使う方法を提案します。

本当のリア充はインスタに投稿しない

ほんまこれ。いや、お前うちらはこの「リア充投稿」にイライラしてるねん。っていう声が聞こえてきそうですが。まあ落ち着いて。今から諭すので。

「彼氏と~に行った」「○○ちゃんと~のランチに行ってきた~」「~が○○してくれた!大好き!」「○○から内定もらった!」みたいなやつね。

インスタでなんでも不特定多数に言う人って、個別で仲いい友達いないのかなって思いませんか。インスタでリア充アピする人はリアル(身辺)で満たされてないからSNSで承認欲求・自己顕示欲満たしているんです。

ちなみに私もたまーにストーリとか投稿しますがそういう時は「行ってよかった店」「綺麗な風景」のような無害であろう投稿を、あとは投稿範囲を親しい友達に絞って仲のいい友達のみに向けて発信します。

「恋人と~に行った」「こんな良いことがあった」などはインスタでなく、LINEや電話で親友や仲のいい友達にだけ報告します。

基本日々の報告は親友と彼氏に言うだけで満足しているのでインスタには投稿しません。自他共に認める親友と彼氏がいる私(=リア充)が言ってるんで間違いないでしょ。笑

ある日のユニバで見た光景

親友のぽにちゃんとユニバでハリウッドドリームザライド(通称:ハリドリ)に並んでいるときに見た光景。

私たちの前には男女5人グループがいて2・2・1で並んでいました。最後尾に女子1人。他のお友達がわいわい喋っている中、彼女は一人ずっとスマホをいじっています。ちらっと彼女の画面をのぞくと、さっき撮ったであろう5人の集合写真を黙々と加工していました。

加工が終わった暁には「今日は仲良し5人でユニバに行ってきた!待ち時間長かったけどいっぱい喋れて楽しかった!みんな大好き♡!!」みたいなキラキラ/リア充感あふれる投稿をするのだろう。

しかし彼女は本当にユニバを仲良し5人で楽しんだのだろうか。___________見栄えのいい投稿の裏にはこうした孤独も隠されているのだと感じたハリドリの待ち時間でした。

本題にはいる

以降は具体的な解決策を紹介します。

解決策①:適宜ミュート

あなたがイラつく投稿の投稿主はたいして仲良くもない(リアルで遊ぶことは少ない)けど知ってるからフォローしてる程度の仲ではありませんか。

フォローはずすのは何かあったとき決まずいので、そういう時はミュートしてしまいましょう。

イライラしている時に選別するのが効果的ですが、フォローリストを見て、「対して仲良くもない」「見ていてイライラする」人は投稿・ストーリーをミュート。

たいして仲良くもない人の投稿なんて、見なくてもあなたの生活に影響はありません。

解決策②:別アカウントを使う

一時的にイライラした時に有効。別アカウントを作って好きな芸能人やCNNなどのニュース、綺麗な風景を見るだけに使うと限定してしまいます。しんどい時は何がストレッサーになるか、わからないので徹底的に排除がおすすめ。

親しい友達の投稿であっても全部チェックする必要性はありません。

最近インスタ見てないって言っとけばOK。

最後に

インスタは簡単に画像で情報収集ができるアプリです。お出かけプランを練るにも役に立ちます。

でもこれはあくまで遊び道具の一つ、暇つぶしに過ぎないので絶対にチェックしないといけないものではないです。

見たくないものは徹底的にカットして快適にインスタを利用しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました